クイックコンタクト


組み合わせ

矩形断面を有する半径方向に直円錐板ばね、皿ばねの最も一般的に使用されるタイプである。負荷が内周と外周の周りに均一に塗布し、弾性撓みを生じている。荷重とたわみのそれぞれの値は、皿ばねの特徴である。

従来のディスク·スプリングによる単一のディスクグラフを図形のKey Bellevilles工学ハンドブックに示されるように、春のキャラクタラインが湾曲し、退行である。湾曲の程度は自由高さとの関係に完全に依存 (h0) 材料の厚さに (t). 小さな値の h0/t キャラクターラインは、ほぼストレートですが、曲率が比率として減少 h0/t 増加します。の特殊な場合で h0/t 等しい √ 2  グラフは、最大偏向に向かってほぼ水平部分を持っています。均一な円錐形の断面を有する薄い円盤が負荷に大きな厚さ​​の1よりも大きな曲率に対するたわみのグラフを与えることに注意してください。

同様の寸法を有する皿ばねは、文字行は変化し、異なる高さに形成されている場合。フラットでの負荷は相応の線の間に増加します。予備計算は満足のいく結果をもたらさない場合、所望の文字行は、第1の高さの比を変化させることによって得ることができる h0. ケアは、このディスクを形成するときの最大高さを決定するように、許容応力内に収まるように注意する必要があります。スタック内のディスクの数を組み合わせることにより、単一のディスクのばねレートがある(スタックの所望のばね定数を与えるように変更することができる Key Bellevilles工学ハンドブック).

  • 春のスタック(シングルディスクを直列に積層)
  • スプリングセット(シングルディスクが並列ペアとして配置)
  • 春のスタック(パラレルペアでのスプリングのセット)
  • 春のスタックの文字行の計算は、単一のディスクの文字行で始まります。並列ディスクのセットに対して同じたわみでの単一ディスクの負荷が並列に積み重ねられたディスクの枚数を乗じて。スプリングを直列に積層した場合、逆に、パーセント偏向ベースで負荷が単独のバネによって偏向パーセントと同じまま。 1ディスクのたわみ、ばねの数で乗算されます。直列に配置されたスプリング組からなるばねスタックの場合、ばね荷重撓みに伴って増加する。

    Key Bellevilles, Inc. 100 Key Lane Leechburg, PA 15656-9531 U. S. A. U. S. Country Code: 1

    電話: 724 – 295 – 5111
    通話料無料 US&CAN: 1-800-245-3600

    ファックス: 724 – 295 – 2570
    通話料無料 US&CAN: 1-800-847-1672

    www.keybellevilles.com
    sales@keybellevilles.com